ネコフェス2013 オフィシャルサイト

アルカラが神戸でサーキットイベントを開催!
ブログ

アルカラによる地元紹介その⑬ 神戸ステーキ

by 疋田武史

ネコフェス本番まで残り1月ほどとなりました。今からかなりわくわくしている疋田です。

今回は神戸では有名だけれども地元の人間はあまり食べたことのない神戸ステーキを紹介したいと思います。

神戸牛(こうべぎゅう)とよく言われていますが、正式には「但馬牛神戸肉(たじまうしこうべにく)」と呼ばれ、但馬牛のなかでも、一定の基準(赤身の具合や脂のさし具合など)をクリアーした肉だけが「神戸牛」と名乗ることができます。いわゆる但馬牛のエリート肉ですね。

 

 

 

 

 

 

 

神戸のステーキ屋さんの基本的なスタイルは目の前の鉄板で、シェフが切り分けて焼いてくれるもので、お肉の一番おいしい焼き加減で常に提供してくれます。

グループで行く場合は違う部位のお肉を選んで食べ比べするのをお勧めします!

今回はサーロインとヒレ肉を頼みました(右がサーロインです)。焼き野菜も一緒に目の前で焼いてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べた感想は、口の中で溶けるような食感にも関わらず、濃厚な肉の味が口の中に広がるけど、そこまで脂がくどくないのであっという間に食べ終わってしまいました(写真を撮るのを忘れるくらい…)

まず最初はお塩で食べるのがお肉の味を一番感じられます!

一口サイズに切り分けてくれるので、胡椒やマスタード・ポン酢など、いろいろな味付けで食べられるのも楽しみの一つですね。

シェフと会話しながら食べられるのも楽しいですし、隠れた観光スポットとか教えてもらえるかも知れませんよ!

神戸にはたくさんのステーキ屋さんがありますが、その中でも本物の神戸肉をリーズナブルに食べられるお店はあまり多くありませんが、自分が知っているお店を二つ紹介したいと思います。

一つ目はモーリヤさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治18年から続く老舗で、120年の伝統が味やサービスにも満足できるかと!

生田神社に続く道沿いに3店舗あります。

二つ目は神戸牛すてーきIsida屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は少しわかりにくいところにありますが、隠れ家的で落ち着いた雰囲気がおすすめです。

どちらのお店も席数がそれほどないので、予約してから行くことをお勧めします。

しょっちゅう食べられる物ではありませんが、神戸に遊びに来た思い出に食べてみてはいかがでしょうか!

 

 

↑先頭に戻る
←ブログ一覧はこちら

ネコフェス実行委員会 SPACE SHOWER TV KISS FM 清水温泉